Y・STYLE NEWS

<< バスバブル | main | キャノンボール >>
ウェーディングブーツ

今日はウェーディングブーツの話。
長いです。

 

今シーズンは、数年ぶりにウェーディングブーツを新調しました。
選んだのは、コーカーズの「ボアレーシングシステム」を採用したウェーディングブーツ。
なにげに、ボアレーシングシステムのウェーディングブーツは初です。

 

 

本当は、一昨年に新調する予定だったのですがまさかの骨折事件で1シーズン渓流には行けず、昨年はまたまたまさかの車二台体当たりをくらい、またしても渓流釣行に殆ど行けない年に…。
ということで、なんとかごまかしながら古いシューズを履いていたのですが、フェルトはまだ少し残っていたのですが、アッパーがもう限界…ってことで2年の沈黙を破ってようやくおニューです。

 

 

ボアレーシングシステムは、数年前にお店でモンベルの登山シューズを履いてからいいなあと思っていたら、シムスからウェーディングブーツでも登場。
すぐに飛びつきたかったのですが、なかなかの高価な物ですし、出始め商品ということで当時は、砂が入ったら壊れないか?ワイヤーは切れないのか?とか、修理は出来るのか?とかいろいろ不安もあって少し調査。
結果、スノーボードほど使用が過酷で無いため、その辺りの不安も解消し、楽ちんなボアレーシングシステムを選択しました。

通常のヒモタイプだと、緩んでくる度に締め直す作業が必要だが、これだとカリッとダイヤルを回すだけ状況に応じて締め具合を変えられるのでとっても便利。
あと、シューズを脱ぐときに一瞬でガバッと口が全開になるのでとっても脱ぎやすい。
これ、かなりポイント高いと思います。
はっきり言っていいことずくめです。

 

 

それと実はそれよりも一番食いついたのは、「オムニトラックスインターチェンジャブルソールシステム」の方。
ソールが即座に交換出来るシステムです。


昔から、「ダイワやシマノでベリピタソール」という便利な物がありますが、これも出始めの頃からブーツフットのウェーダーでシーバス等で使っています。
こちらは、つま先から砂が間に入ってくるのは防げない為、頻繁に外して掃除してやらないといけません。
砂が入ったまま長らく履いていると、マジックテープが壊れてくっつきが悪くなり、つま先が突然ぺろ〜んってこともあります。
そんなリスクもあるので、すぐに家に帰られるシーバスフィッシング限定で源流釣行等で履くシューズタイプでは使用したことがありません。。。

「オムニトラックスインターチェンジャブルソールシステム」の方は、発売してもう数年経っているのでかなりメーカーの方にも調査しましたが今の所、特に外れたり、ずれたりの不具合はないということで好評だそうです。


ソールの種類も豊富で購入時には2種類のソールが付属されています。(アイテムにもよります。)

自分は十数年前までは一足のシューズですべてこなしていたので、1シーズンでフェルト交換は当たり前で種類によっては一年持たないフェルトもありました。


今では、サクラマス遠征では寒い水温の低い時期の釣行が多いため、厚手のソックスを履いて合うワンサイズ大きいフェルトシューズ、サツキマス等本流ではアスファルトを歩く距離が多い時や河原程度の落差のない場所ではラバーソールかフェルトのシューズ、渓流源流では短く軽量でソールの柔らかいフェルトシューズの3足を使い分けています。

何足かを使い分けるとシューズが長持ちするようにはなりますが、シューズが変わるとやっぱり歩きづらくなるので基本的には同じメーカーの履き心地の同じタイプのシューズのソール違いで本流と渓流を使い分けるのが一番良いです。


でも、気に入ったシューズで2種類のソールが発売されているのって以外と見つかりません。
結局は、ソールに合った使い道があってシューズのコンセプトが違うってことなのですね。

 

「オムニトラックスインターチェンジャブルソールシステム」は、シューズの種類も豊富ですし、一足でソールを使い分けることで様々な釣り場に対応出来る使い方が出来るのでハッキリ言ってかなり便利です。

 

シーバスでラバーソール、トラウトでフェルト、というざっくりしたくくりで使い分けをするだけでも快適でしょう。
シーバス釣行でウェーダー履いたままランガンする時などは車が汚れないラバーソールは最高です。
(ヌルヌルテトラは乗っちゃ駄目ですよ。)
といっても、ただのゴム底の長靴やフットウェーダーよりは、キーンやビブラム、コーカーズのラバーソールは遥かにグリップはいいですから。


自分は、今シーズンこんな使い方をしたいと思っています。
車から入渓地点が遠い場所。
一時間以上けもの道や登山道を歩く時にはラバーソール。
(土や枯れ葉の多い斜面ではフェルトは滑りますからね。)
川に入るとフェルトに交換。
荷物は増えますが、ソールはバックパックに余裕で入れられる程度の大きさです。
だんだんめんどくさくなってしなくなるような気もしますが、現場でソール交換ってのは最大の利点ですので最所の内はやりたいです。(笑)

 

 

現在、在庫も少しありますので店頭にて現物をご覧になれます。

全てお取り寄せ出来ますが、今年のニューモデルはまだ入荷していない物もありますので、4月からの納品となります。
今シーズン、ウェーディングブーツを買い換え予定等ありましたら、是非店頭でご覧頂き、ご検討下さい。

宜しくお願い致します。

 

あと、こんな便利グッズも入れてみました。

 


Smith Creek
ロッドクリップ
¥3,000 +tax

カラー:グリーン、ブルー

 

 

ウエーディング時に非常に便利です。
また、テトラを移動時にも良さそうです。
径の細いロッドなら大体使えると思います。

 


ピンオンリールのコード長は短く、9cm出た所で止まります。
試してみましたが、思ったよりブラブラせず普通に歩けます。

肩の辺りに付けると具合が良いです。

トラウト、メバル、アジング等にどうでしょうか。

 

宜しくお願い致します。

 

| New Item | 23:43 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS